305号室のオンナ【夫は聞き耳立てるだけ】ネタバレ/無料試し読み

壁の向こうのNTR。

【305号室のオンナ】

3話のネタバレです。無料試し読みの手順も!  

 

無料試し読みしたい方はこちらへ

▽▽▽▽

 

 

※リンク先で「公式サイトで安心」をタップ!

 

305号室のオンナ 3話 ネタバレ

「ここは隣の部屋だ」

305号室の隣の空き部屋。
汚っさんと楓はそこでセッ○スをする。

 

305室には柊希が居る。楓の夫ね。
その状況でセッ○スをしようというのだ。

空き部屋から声が聞こえるのはおかしい事。

 

「へっへっへ、楓ちゃん」

「家には主人が・・・っ!」

壁越しにヤろうというのだ。

 

壁は厚くはない。
なので大きな声は聞こえるだろう。

「そんな・・・恥ずかしい!」

 

「そうも言えない様にしてやるぜ」

汚っさんは早速を楓を犯すのだ。
楓が感じるには時間が掛からない。

 

(隣に居るのに・・・っ!)

(声、聞かれたらどうしよう!?)

楓が困ってる間に汚っさんは挿入。

 

体位はバック。楓は壁に手を付く姿勢で。

「うっ・・・あぁっ!」

嫌でも感じる様になった楓。

 

汚っさんチ○ポは生で挿入されている。

「んっ!んんっ!」

「どうした?声を出しても良いんだぞ?」

 

楓は必死に声を抑える。
でも快楽で抑えが効かない。

「はぁっ、ああっ!はぁはぁ・・・」

 

「旦那さん今、いるんだろ?」

「聞かせてやろうぜぇ」

「嫌・・・それだけは・・・!」

 

楓と汚っさんは知らないが柊希は気づく。
隣から聞こえる喘ぎ声に聞き耳を立てる。

(な、なんだ?)

 

嫁がヤられてるとは思ってない。
誰だろう?と好奇心で聞き耳を立てる。

「もしかしたら聞こえてるかもなあ?」

 

 つづく

 

無料試し読みしたい方はこちらへ

▽▽▽▽

 

 

※リンク先で「公式サイトで安心」をタップ!

 

305室のオンナ 3話 感想

電話じゃなくて壁越し。

ヤりながら電話ではない。
空き室があるのは都合良いな。

 

カメラで旦那が居るのは知ってる汚っさん。
なのでそういうプレイ。

楓はまだ堕ちきっていない。

 

ここからが見所かなあ?
既に予兆があるところ。

ヤる側はさぞ気持ち良いだろう。

 

聞かされる側はたまったもんじゃないな。
何かしてる時だと集中が削がれるし。

さて、お次はNTRの定番のあの場所だ。

 

堕ちていく楓の事が知りたい方の為に!
以下に無料試し読みの手順を紹介しています!  

 

無料試し読みしたい方はこちらへ

▽▽▽▽

 

 

※リンク先で「公式サイトで安心」をタップ!

305号室のオンナ 無料試し読み zip検索終わりへ

手順1 リンク先にて

公式サイトでも安心!!!の部分をタップします。

タップすると、電子書籍の商品ページへ飛びます。

 

 

 

手順2 無料試し読みをタップ!

紺色の無料試し読みをタップします

 

この1~2の手順で試し読みがきっと出来る出来る!

これだけならお金はかかりません!

 

無料試し読みしたい方はこちらへ

▽▽▽▽

 

 

※リンク先で「公式サイトで安心」をタップ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


error: Content is protected !!